その他

各学年で最も人気のある図書トップリスト『What Kids Are Reading』

『What Kids Are Reading』の紹介

英語学習者のみなさん、米国において各学年で最も人気のある本が気になりませんか?

2021年版の『What Kids Are Reading』(世界最大の児童の読書習慣に関する年次調査)をみると、米国で人気な本を知ることができます。

これはルネッサンスランニング米国本社が毎年実施しているもので、米国の学生が最も多く読むTopリスト図書を発表しています。

「What Kids Are Reading」は、小学1-2年生、小学3-5年生、小学6年生-中学2年生、および 中学3年生-高校3年生 の学年区分に分けられています。 興味のある学年レベルに移行して、子供の友達が最も読んでいるトピック、出版本、電子書籍を確認してみてください。

これから、What kids are reading 2021エディションに載せられた2019-2020年の間に小学生から高校生までのアメリカの子供がたくさん読んだ本を紹介します。

小学生1-2年生

小学生になると、生徒たちは読書の旅を始めたばかりです。 文字と単語をつなぎ合わせて意味を形成することで,まったく新しい世界が展開しています。 新しいスキルに対する生徒の熱意を、興味深いトピックと魅力的な読み上げで育みます。

小学生3-5年生

小学校高学年では、生徒たちはより自発的に読み始め、読書しているうちにより深い意味や情報を引き出せるようになります。 子どもたちは本のシリーズに飛び込み、登場人物と深く関わり、本を読んで答えを見つけ、興味をそそる話題についての情報収集を始めます。

小学6年生−中学2年生

中学校では、長編小説や有益な文章に取り組むにつれ、早い段階で読書量がピークに達し、その後、学年レベルや実社会の期待が高まるにつれ、読書量は減少します。 この年齢で本を読むことは,新しい語彙を習得し,知識をつけ,より広い世界観を獲得し,他人に対する共感力を深めるために不可欠です。

中学3年生−高校3年生 

高校では,生徒たちは思春期へと移行します。 読書する力を育成し続けることで、高等教育を続けたり、就職したりする場合のいずれにおいても、人生の次の段階で課題に対応するために必要なスキルと知識を確実に身に付けることができます。

おわりに

生徒が本の選択においてVoice(決定権)を持てることは、読書を長く続けるうえで重要です。選択できることは、読書に対する動機付けを促進するものです。

What Kids Are Reading で取り上げられている本を活用すれば、生徒の読書意欲を高めることができます。

さらに詳しいデータを知りたい場合は、以下のイメージをクリックしてレポートをダウンロードしてみてください!

【高校生から大人まで】英語の読書家になるための5つの秘訣

はじめに

前回まで、子供が小学校低学年のとき、高学年から中学生のときと2回に渡って、子供を英語の読書好きにするための秘訣をご紹介しました。

今回は、高校生・大人が生涯の英語読書家になるための秘訣です。

読書に終わりはありません。読書は、大学、社会人、そしてその先の人生においても、年齢や立場を問わず、日常的に欠かせないことです。

自立した大人になると、学校の授業のための読書から、自分自身のための読書へと移行します。

自分自身の楽しみのため、自己啓発のため、職業能力の向上のため、顧客や同僚とのコミュニケーションのためなどです。

生涯にわたる読書家になれるためのヒントをご紹介します。

1、声に出して読むことをやめない

生涯にわたって読み聞かせを楽しむために、オーディオブックで、シャドーイングしましょう。

オーディオブックはデジタル出版業界で最も急速に成長している分野です。

ネイティブの発音が搭載されているので、正しい発音で英語の音に慣れることができます。

マイオンなら、ネイティブ発音つきの洋書が読み放題なので、シャドーイングの練習も同時に行うことができます。

2、一緒に英語の本の話をする友達を作る

ブッククラブのような、友達の集まりを作ることが理想です。

英語の本好きの友達を作れれば、好きな本を新たに見つけることもできるでしょう。

3、少しでも継続する

長期的な努力ができる人は、多くの場合成功を収めることができます。

目標数値自体は小さくてもよいので、長期的に続けられるような目標を立てましょう。

例えば、1ヶ月間、1日15分読書をする。

または、新聞や雑誌の記事を1週間に1回読むことを半年間続ける。

このような小さな目標は、読書を継続するモチベーションになります。読書の習慣は、繰り返し、慣れ親しむことで、自らのモチベーションになっていきます。

4、民間試験や大学受験に求められる英語力を把握する。

以下のグラフをご覧ください。民間試験でどのくらいの英語力(レキシル指数やATOS指数)が求められるかを示した表となります。

また、大学受験の共通テスト英語科目のレベルは7.6程とされています(紹介記事はこちら)。

こうしたグラフを活用していただきつつ、ご自身が達成したい英語レベルを把握することが、多読を続けるモチベーションを維持するために重要となります。

5、家族やコミュニティのサポート体制を作る

子供たちが楽しみながら本を読むようになるには、両親が一番の励みになります。これは、小1になったばかりの6歳から高校卒業するまで、すべての年齢層に当てはまります。

(読書が家族の習慣になると、子供は卒業後も読書を続ける可能性が高くなり、自分の子供にもその習慣が受け継がれる可能性も高くなると言われています。)

これは、家族や友人と英語の本の話をする機会を設けることは、大学生や社会人にとっても重要です。読書の重要性について認識を共有し、家族や友人と本について話す機会を作っていきましょう。

おわりに

これらの5つのヒントが、みなさんが英語の本を読む習慣をつけられる一助となりますように祈っております。

マイオンニュースって何?

マイオンニュースとは

マイオン読み放題には、マイオンニュースというサービスが付いています。

こちら、ただの付属品ではございません。

マイオンニュース、実はとっても優れものなんです。

マイオンニュースでは、1年中、平日は毎日記事を配信しています。

ちょっとした新聞の購買のようなものだと考えていただければいいかなと思います。

 

世界で注目される記事

記事は毎日5つ厳選されたもの。

記事の内容は、簡単な文章で世界の動向を理解できるように書かれたものであり、世界で注目されたもので構成されています。

 

シリアのバナちゃんのお話

例えば、2011年3月にシリア内戦が始まりましたが、2021年3月14日のニュースはシリアに住むバナちゃんという女の子が10年間を振り返るというもの。

簡単な文調ではありますが、その中身はというと厳しい現実を描いたもの。

Before war, I was going with my father to swimming. That was my favorite hobby. And I would go outside with my uncles, and we would buy candy.  …  But when the war started, everything changed. We couldn’t go outside, and we had to stay together. … You hear every day the bombs and the airplanes above you. It’s very scary.

戦争の前は、お父さんとよく水泳に行ったの。水泳にいくことが一番好きだった。あと、おじさんと散歩して、お菓子買ってもらって。。でもね、戦争が始まってから全部変わった。外に行けなくなったし、みんなと一緒にいれなくなった。毎日、爆弾と飛行機の音がする。本当に怖い。

内戦が始まってからというもの、大好きな水泳ができなくなってしまったバナちゃん。爆撃の恐怖を今でも思い出すといいます。

シリアへの希望、これからの希望を聞かれ、バナちゃんはこう答えます。

Please help us. Be strong. We must be together. And we must help those are in need. They need us. They need our help… I hope every child will have a chance to get an education and live in peace. 

私たちを助けてほしい。みんなで寄り添わなきゃ。弱ってる人がいたら、助けあわなきゃ。私たちの助けが必要な人がいるの。。それから、、全ての子供たちに教育を受けて、平和に暮らす機会が与えられるべきだと思うの。

私たちに何ができるでしょうか。深く考えさせられるものです。

 

ネイティブ発音つき

記事の文章をそのまま読み上げるネイティブ発音がついています。

 

 

もちろん、機械学習の読み上げ機能ではなく、アナウンサーの特訓を受けた人によるもの。

こちら、リスニングを鍛えるには最適なもの。記事を読んだ後で中身の概要はわかっているから、すんなりと耳から英語が理解できます。

さらに、ディクテーション(聞きながら1秒くらい遅れて音読すること)をすると、スピーキングの練習にもなります。

興味のある内容を見つけたら、見なくても言えるくらい繰り返すと最も効果的です。

 

理解度クイズを出題

記事を読んだ後には、記事の内容に関するクイズが出題されます。こちらで記事の理解度をチェックできます。

動画もついてくる

ほとんどの記事には、動画がついてきます。今回はインタビューの様子を見ることができます。

 

記事に関連するマイオンの本を紹介

最後に、マイオンに掲載されている関連の本を紹介してくれます。

例えば今回は、シリアの国の概要を掴むための本や中東アフガニスタンに住む男の子の物語などが紹介されていました。

まとめ

こうした世界の実情を、マイオンニュースは配信しております。

世界の今を、マイオンニュースで一緒に英語で学んでみませんか?

【幼稚園から小学校低学年】マイオンおすすめ本紹介

興味のある本を見つける大切さ

皆さん、お子さんに読書してほしいと思ったこと、ありますよね?

どうしたら子供は本を読むようになるでしょう。

ひとつ、とっても効果的な方法は、興味のある本を自分たちで見つけ出させることです。

子供たちは興味のある本を見つけると、突然、ページ、章、本、さらにはシリーズ全体を夢中で読むようになります。

しかし、「その興味のある本」は、当然のことながら、すべての子どもにとって同じものではありません。

難しいのは、子供の興味、読解力や年齢に応じて、最適な本を見つけることです。

特に、読書したくないと思っている生徒に本を読ませようとするのは、大変です。

読書したくないと思ってしまうのは、いくつも要因がありますが、学校で音読が苦手で恥ずかしい思いをしていたり、難しすぎる文章に挫折していたり、読書を「かっこ悪い」ものと思っていたりします。

同年代の子が読んでる本を知ろう

このようなこどもたちには、特に、同じ年代の他の子たちが好きな本を紹介するのが有効です。

このような人気のある本については、多くの子供たちがこの本を読んでいるので、同じ本を読んだ友達を見つけて、ストーリーやキャラクターなどについて話し合うことができます。

友達の熱意が伝わって、それまで読書に消極的だった子供が一気に読書を好きになることもよくあります。

では、どのような本が子供たちに人気なのでしょうか?まずは幼稚園から小学2年生に人気な本を紹介します。

今回ご紹介する本は全てマイオンに掲載されています。

幼稚園から小学校低学年までにおすすめの本

読み方を学び始めたばかりの低学年では、「動物」というトピックが人気のようです。

Animals Everywhere by Ann Corcorane

Baby Cats by Bethany Olson

Puppies by Colleen Sexton

Joey's First Day

Joey’s First Day By Christianne C. Jones

ATOS Book Level:0.6 / Lexile Book Level:130L

同じ著者の Try Back to School もおすすめです。

First Day, No Way!

 First Day, No Way! By Lori Mortensen

ATOS Book Level:1.9 / Lexile Book Level:170L

同じ著者の Try Manners Matter on the Playground もおすすめです。

Lucky School Bus

Lucky School Bus By Melinda Melton Crow

ATOS Book Level: 1.2 / Lexile Book Level: 290L

同じ著者のTry Little Lizard’s First Day もおすすめです。

Max Goes on the Bus

 Max Goes on the Bus By Adria F. Klein

ATOS Book Level: 1.0 / Lexile Book Level: 270L

同じ著者のTry Max Goes to School もおすすめです。

Buzz Beaker and the Race to School

Buzz Beaker and the Race to School By Cari Meister

ATOS Book Level: 2.2 / Lexile Book Level: 290L

Manners at School

Manners at School By Carrie Finn

ATOS Book Level: 2.5 / Lexile Book Level: 520L

Schools Long Ago and Today

Schools Long Ago and Today By Sally Lee

ATOS Book Level: 3.9 / Lexile Book Level: 690L

Schools in Many Cultures

Schools in Many Cultures By Heather Adamson

ATOS Book Level: 1.7 / Lexile Book Level: 380L

Community Helpers at School

Community Helpers at School By Mari Schuh

ATOS Book Level: 1.0 / Lexile Book Level: 130L

Welcome to Third Grade, Gus

Welcome to Third Grade, Gus By Jacklyn Williams

ATOS Book Level: 2.8 / Lexile Book Level: 490L

皆さん、ぜひお子さんにおすすめしてみてくださいね。