myON English blog Editorial Team

各学年で最も人気のある図書トップリスト『What Kids Are Reading』

『What Kids Are Reading』の紹介

英語学習者のみなさん、米国において各学年で最も人気のある本が気になりませんか?

2021年版の『What Kids Are Reading』(世界最大の児童の読書習慣に関する年次調査)をみると、米国で人気な本を知ることができます。

これはルネッサンスランニング米国本社が毎年実施しているもので、米国の学生が最も多く読むTopリスト図書を発表しています。

「What Kids Are Reading」は、小学1-2年生、小学3-5年生、小学6年生-中学2年生、および 中学3年生-高校3年生 の学年区分に分けられています。 興味のある学年レベルに移行して、子供の友達が最も読んでいるトピック、出版本、電子書籍を確認してみてください。

これから、What kids are reading 2021エディションに載せられた2019-2020年の間に小学生から高校生までのアメリカの子供がたくさん読んだ本を紹介します。

小学生1-2年生

小学生になると、生徒たちは読書の旅を始めたばかりです。 文字と単語をつなぎ合わせて意味を形成することで,まったく新しい世界が展開しています。 新しいスキルに対する生徒の熱意を、興味深いトピックと魅力的な読み上げで育みます。

小学生3-5年生

小学校高学年では、生徒たちはより自発的に読み始め、読書しているうちにより深い意味や情報を引き出せるようになります。 子どもたちは本のシリーズに飛び込み、登場人物と深く関わり、本を読んで答えを見つけ、興味をそそる話題についての情報収集を始めます。

小学6年生−中学2年生

中学校では、長編小説や有益な文章に取り組むにつれ、早い段階で読書量がピークに達し、その後、学年レベルや実社会の期待が高まるにつれ、読書量は減少します。 この年齢で本を読むことは,新しい語彙を習得し,知識をつけ,より広い世界観を獲得し,他人に対する共感力を深めるために不可欠です。

中学3年生−高校3年生 

高校では,生徒たちは思春期へと移行します。 読書する力を育成し続けることで、高等教育を続けたり、就職したりする場合のいずれにおいても、人生の次の段階で課題に対応するために必要なスキルと知識を確実に身に付けることができます。

おわりに

生徒が本の選択においてVoice(決定権)を持てることは、読書を長く続けるうえで重要です。選択できることは、読書に対する動機付けを促進するものです。

What Kids Are Reading で取り上げられている本を活用すれば、生徒の読書意欲を高めることができます。

さらに詳しいデータを知りたい場合は、以下のイメージをクリックしてレポートをダウンロードしてみてください!

ATOS指数分析ツール(ATOSAnalyzer)を活用した共通テストのレベル分析

共通テストのレベル分析結果

前回の記事では、ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)について、ご紹介いたしました。

今回は、ATOS Analyzerを使い、2021年の共通テストの英語科目のレベルを分析してみます。

結果から言いますと、共通テスト英語科目全体のATOSレベルは7.6という結果でした。

つまり、ATOSレベル7.6の意味は、アメリカの中学1年生(7学年)が理解できる難易度だということです。

そして、単語の平均レベルは3.7という数値がでました。共通テストで使われている英語単語の平均レベルは、アメリカの小学2-3年生が習得する単語のレベルだということです。

単語レベルは高いものが求められないものの、文章はそれなりに複雑な構成になっているのですね。


共通テストの第6問のレベル分析

次に、共通テストの中でも、1番長く難しい文章である第6問のレベルを分析してみました。

第6問のA文章は、ATOSレベル10.1と単語の平均レベル4という結果がでました。

下記が、第6問Aの文章です。

次は第6問のB文章です。

B文章は、ATOSレベルは8.7という数値がでました。そして、単語の平均レベルは3.8という結果がでました。

以下の第6問のB文章はアメリカ中学1、2年生(7-8学年)が理解できる難易度だということです。


おわりに

今回は、ATOS Analyzerというツールを活用し、共通テストの英語科目の全体的なレベルや難易度を分析してみました。共通テストの英文の難易度は、大体ATOS 7〜8が求められることがわかりました。

もし、他に英語のレベルを分析したい資料があれば、下記のイメージをクリックしてみてください。

また、民間試験を受ける予定の方は、下のチャートを参考にしてご自身の目指す英語レベルを確認してみてください。

【英語 多読】ATOS指数分析ツールで英文レベルを測ろう!

ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)とは?

デジタル図書館マイオンでは、幅広い英語レベルの洋書をご用意しております。これらの洋書の英語レベルはATOS指数というものを使って分類されております。

ATOS指数は文章の英語のレベルを測る指数で、1はアメリカの小学1年生レベル、12は高校3年生レベルということになります。民間試験との対象表は、大体以下のとおりになると言われています。

今回は、みなさんが普段読まれている英文などのATOS指数を簡単に測れる「ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)」をご紹介します。

 

ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)を使ってみよう!

まず、ATOS指数分析ツールのサイトにアクセスしてください。

Webページに移ると、オプション1とオプション2の間で選択ができます。

オプション1では、サイト上にテキストを直接入力することができ、オプション2ではワードファイル(.docs)やテキストファイル(.text)の形で調べることができます。

例えば、英語で書かれている本の全てのテキストファイルがあれば、オプション2を使って、本の英語レベルを確認することもできます。そのようなファイルがない場合には、英語テキストの一部を持ってきて、オプション1でレベル分析をすることができます。

 

ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)診断結果

上の入力をして次へ進むと、以下のような形で結果がでます。

特に注目してほしいのは、ATOS level (ATOS指数)という箇所です。分析の際には、以下の4点を基準としているとのことです。

  • 文章の長さ
  • 単語の長さ
  • 英単語のレベル
  • テキストの文字数

ATOS指数を利用して、自身のレベルにあった文章を多読していくことで効率的に勉強が進むようにします。

ご自身の普段読まれている英語テキストのレベルが知りたい方、受験予定のテストの問題の難しさを知りたい場合には、ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)を是非活用してみてください。

追記:ATOS指数分析ツール(ATOS Analyzer)を利用して、2021年共通テストの英語科目の文章レベルを分析した記事も合わせてご覧ください。

【英語 多読】 英語力を伸ばすには毎日15分の読書が重要

【英語 多読】 英語力を伸ばすには毎日15分の読書が重要

多読を通して英語力を伸ばそうと思った時、どのくらいの時間をすればよいのでしょうか?

実は、1日15分でよいのです。

2016年のアメリカの研究で、毎日15分読書することで、読解力が飛躍的に上がることが判明しています。今回はこの研究結果についてご紹介します。

1日15分の多読で英語力が急上昇?

2015年、アメリカにおいて990万人以上の生徒に対し、読書に関する調査が行われました。

この調査では、半数以上の生徒が1日の平均読書時間が15分未満であり、1日平均の読書時間が15分から29分の生徒は3人に1人以下、30分以上の生徒は5人に1人以下と判明しました。

さらに、読書時間と読解力の成長を比較した時に、1日の読書時間が5分未満の生徒の読解力の伸びは最も低く、全国平均を大きく下回っていました。しかし、1日に15分以上読む生徒は、全国平均を上回る読解力の伸びが見られました。特に、1日30分から1時間程度読む生徒は、すべての生徒の中で最も大きな読書スコアの増加を示しました。

多読による読解力格差は年を取るごとに広がっていく!

アメリカの若い世代と年配の世代を対象とした研究でも、同様のパターンが見られました。

2013年、全米教育統計センター(NCES)は、全米学力テスト(NAEP)の読書習慣と読解力の比較をしました。すべての年齢層において、楽しみながら読書する頻度と読解力には明確な相関関係があることがわかりました。

NAEPの調査結果で特に興味深いのは、多読量と読解力の相関関係がすべての年齢層で当てはまり、読解力の差が年を追うごとに大きくなっていることです。9歳の子どもでは、読書を「全くしない、またはほとんどしない」と答えた子どもと、「ほぼ毎日する」と答えた子どもの間には、18ポイントの差しかありませんでした。しかし、13歳では27ポイント、17歳では30ポイントと、さらに差が広がりました。

多読の長期的効果。学生時代の多読で9倍以上の語彙力がつく!

それでは、1日30分以上読む子と1日15分以下読む子の間で、学生の間に読む文章の量はどのくらい違ってくるのでしょうか?

その答えは1200万語と言われています。

幼稚園から高校3年生までの間に、1日平均読書時間が30分以上の生徒は、1,370万語に出会うと予測されます。一方、1日の平均読書時間が15分未満の生徒は、卒業時には150万語しか読んでいないことになります。その差は1,200万語以上にもなります

学生は1,000語読むごとに1つの新しい語彙を学ぶと推定されています。この比率で考えると、150万語しか読まない学生は、読書によって1,500の新しい語彙しか学べないのに対し、1,370万語を読む学生は、1万3,700の新しい語彙を学ぶことになり、9倍以上の語彙力の差が生じています。

NAEPのスコアを見ると、語彙力と読解力の関係がよくわかります。語彙力が最も高い生徒は、読解力で上位4分の1の成績を収めていました。同様に、語彙力が最も低い生徒は、読解力で下位4分の1にいる生徒でした。つまり、この1200万語の読書量の差は、生徒の成功に大きな影響を与える可能性があるということです。

多読が、語彙の習得と読解力の向上の両方に明らかに関係しているにもかかわらず、子供が十分に読書をしてくれないとき、どうすればいいのでしょうか。

その答えは、多読をさせることをご家庭や学校での教育方針の優先課題とすることです。多読をカリキュラム全体の目標とすることは、子供たちの長期的な成功のために最も重要なことともいえます。

終わりに

それでは、1日15分の多読を続けるためには、どうすればよいのでしょうか。

もっとも効率的な方法は、子供がいつでもどこでも大量の本にアクセスできる環境を作ることです。好きな本をいつでも見つけられる環境があれば、子供たちは必ず本が大好きになります。

デジタル図書館マイオンでは、誰でもどこでもアクセスできる本を6000冊以上取り揃えています。さらに、ネイティブの音声付きのデジタル洋書なので、多聴も同時にして、リスニング力を鍛えることもできます。無料体験も実施中です。

【高校生から大人まで】英語の読書家になるための5つの秘訣

はじめに

前回まで、子供が小学校低学年のとき、高学年から中学生のときと2回に渡って、子供を英語の読書好きにするための秘訣をご紹介しました。

今回は、高校生・大人が生涯の英語読書家になるための秘訣です。

読書に終わりはありません。読書は、大学、社会人、そしてその先の人生においても、年齢や立場を問わず、日常的に欠かせないことです。

自立した大人になると、学校の授業のための読書から、自分自身のための読書へと移行します。

自分自身の楽しみのため、自己啓発のため、職業能力の向上のため、顧客や同僚とのコミュニケーションのためなどです。

生涯にわたる読書家になれるためのヒントをご紹介します。

1、声に出して読むことをやめない

生涯にわたって読み聞かせを楽しむために、オーディオブックで、シャドーイングしましょう。

オーディオブックはデジタル出版業界で最も急速に成長している分野です。

ネイティブの発音が搭載されているので、正しい発音で英語の音に慣れることができます。

マイオンなら、ネイティブ発音つきの洋書が読み放題なので、シャドーイングの練習も同時に行うことができます。

2、一緒に英語の本の話をする友達を作る

ブッククラブのような、友達の集まりを作ることが理想です。

英語の本好きの友達を作れれば、好きな本を新たに見つけることもできるでしょう。

3、少しでも継続する

長期的な努力ができる人は、多くの場合成功を収めることができます。

目標数値自体は小さくてもよいので、長期的に続けられるような目標を立てましょう。

例えば、1ヶ月間、1日15分読書をする。

または、新聞や雑誌の記事を1週間に1回読むことを半年間続ける。

このような小さな目標は、読書を継続するモチベーションになります。読書の習慣は、繰り返し、慣れ親しむことで、自らのモチベーションになっていきます。

4、民間試験や大学受験に求められる英語力を把握する。

以下のグラフをご覧ください。民間試験でどのくらいの英語力(レキシル指数やATOS指数)が求められるかを示した表となります。

また、大学受験の共通テスト英語科目のレベルは7.6程とされています(紹介記事はこちら)。

こうしたグラフを活用していただきつつ、ご自身が達成したい英語レベルを把握することが、多読を続けるモチベーションを維持するために重要となります。

5、家族やコミュニティのサポート体制を作る

子供たちが楽しみながら本を読むようになるには、両親が一番の励みになります。これは、小1になったばかりの6歳から高校卒業するまで、すべての年齢層に当てはまります。

(読書が家族の習慣になると、子供は卒業後も読書を続ける可能性が高くなり、自分の子供にもその習慣が受け継がれる可能性も高くなると言われています。)

これは、家族や友人と英語の本の話をする機会を設けることは、大学生や社会人にとっても重要です。読書の重要性について認識を共有し、家族や友人と本について話す機会を作っていきましょう。

おわりに

これらの5つのヒントが、みなさんが英語の本を読む習慣をつけられる一助となりますように祈っております。

【小4〜中3】マイオン で英語多読の意欲を高める5つの方法

はじめに

前回は、小学校低学年の子供に英語で読書好きになってもらう方法を紹介しました。

今回は、小学校4年生から中学3年生までの子供に英語で本を読むことを好きになってもらう方法を紹介します。

小学校高学年からは、低学年のときより、少しずつ長くて複雑な文章に慣れていく必要があります。それには、語彙力に加え、文脈の理解力、想像力、著者の意図を読み取る力、分析力など、多くの力を養う必要があります。

苦労したり、失敗したりすることもあるでしょうが、素晴らしい成功もあるはず。以下の5つのヒントを参考にして、子供のモチベーションを維持してみてください。

声に出して読み続ける

中学生の半数以上が、実は親や先生に本を読んでもらうことが好きなんです。

子供が大きくなって自分で読めるようになったからといって、音読を嫌いになったわけではありません。音読は、子供に新しいジャンルや作家を紹介するのみならず、視覚化、想像、明確化、要約などの力を養う素晴らしい方法です。

また、ノンフィクションを音読することで、子供たちが定期的に好奇心を持って調べ物をする機会を作ることができます。

おうちで英語での音読の練習をすることは簡単なことではありません。マイオンなら、ネイティブの発音付きだから、子供が一人で音読の練習をすることができます。

親御さんはその練習を促してあげましょう。

適度な難易度であること

人は難しすぎる本を読むと、イライラしすぎてモチベーションが下がります。

しかし、理想的なレベル、つまり自分の手の届く範囲内で追い込まれると、人間は最適に成長します。

この「ちょうどいい」レベルの課題が最近接発達領域(ZPD)であります。子供には、自分のZPDの範囲内の教材を読むように勧めましょう。マイオンであれば、適切なレベルの教材がレコメンドされます。

現在の読書レベルよりも少し下、または少し上のレベルの教材を読むことがおすすめです。

出典:大阪大学 https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/user/rosaldo/090113ZPD.html

個人的な目標を設定する

適切なレベルは子供により異なります。現在、2、3学年下のレベルを読んでいる子供や、すでに学年上のレベルの教材を習得している子供には、学年レベルの目標は適切ではないかもしれません。

個人的な目標を設定することで、生徒は現実的で達成可能な目標を持って練習に励むことができ、モチベーションも高まります。達成度を高めることが証明されている要素、すなわち、読書時間、平均的な本のレベル(子供のZPD内)、平均的な理解度に合わせて、個人的な目標を設定します。

マイオンならば、親御さんや先生が目標設定をしてあげることができます。

継続的なフィードバックを行う

モチベーションを維持するためには、意味ある計測的なフィードバックが重要な要素の一つです。

生徒の読書の進捗状況を確認しながら、フィードバックをして励ますようにしましょう。

例えば、読書時間は長いが理解度が低い生徒には、読書をした時間を褒め、次に読むときに使うべき理解度を向上することを提案します。

生徒が自分の目標に近づいていることを知り、さらに上達するために必要なステップを知ることで、成功へのモチベーションが継続的に高まります。

楽しむことを忘れさせない

生徒たちは一生懸命に読書の練習をしているかもしれませんが、読書の楽しさも忘れてはいけません。例えば、面白おかしい本を読んだり、本を題材にした映画を見たり、チーム対抗のゲームをしたり、人気のあるキャラクターやシーンを描いたりするなど、レッスンの中に時々ご褒美を入れてみましょう。

楽しいものをご褒美にしたりと、すべての生徒、特に苦手な読者に、読書の楽しさを体験してもらうようにしましょう。

さぁ、みなさん、以上の5点、一つでも二つでも、参考にしていただけるものがあれば嬉しいです。

6000冊以上のオーディオブックを掲載しているから、子供が好きな英語の本を見つけられる場所、マイオンを無料でお試ししてみませんか?

【小学校低学年】子供に英語本を読ませるための5つの秘訣

はじめに

みなさんのお子さんは、読書をどのくらいなされていますか?

読書には、少しの時間でも大きな効果があるんです。

例えば、1日に英語を15分程度の読むと、小学生から高校卒業までに500万ワード以上を読んだことになります。1日の読書時間を30分以上にすると、卒業までに1,300万ワード以上を読むことになります。

ただ、残念なことに、子供たちの半数以上は、1日の読書時間が15分に満たないと言われています。

彼らが学校生活で目にするのは150万ワードで、これは1年に2冊の小説程度です。どうすれば、本を読みたくない子供の毎日の読書量を増やすことができるでしょうか?

それは、モチベーションを高めること。やる気は読書の頻度を高めます。

英語で読書〜やる気を引き出す5つの秘訣〜

読書の楽しさを知る

もともと、人間の脳は読むために作られていません。その代わり、脳のさまざまな部分が連携して機能しています。生徒が読書をすると、新しい神経のつながりが生まれます。しかし、実はこれは大変な作業。

最初のうちは、読むという行為に脳の力が集中してしまい、読むことの楽しさを見失ってしまいがちです。ここでは、脳が疲れてしまいすぎないように、生徒が楽しみつつ、モチベーションを維持するためのヒントをご紹介します。

声に出して読む

声を出すことでページ上の文脈を読み取ることにすべてのエネルギーを集中させず、魅力的なキャラクター、エキサイティングなストーリー、知的な会話、興味深い新発見、ドラマチックな瞬間など、読書のより楽しい部分に注意を向けることができます。

マイオンでは、ネイティブ発音がついているから、音読の際も、シャドーイングを繰り返すことができます。

本の選択肢を増やしてあげる

生徒が触れる本や記事の種類が増え、それが多様であればあるほど、生徒は新たに好きな作家やジャンルを発見し、モチベーションを維持することができます。

書評掲示板を作成したり、子供たちが好きな本を持ち寄るお祭りを開催したり、読み聞かせの本を変えたりします。

マイオンでは、6000冊が読み放題で、デジタル図書館のようなものなので、選択肢が尽きません。

読書の時間を作る

グーグル、アップル、ヤフーなど大成功を収めている企業では、社員が好きなプロジェクトに取り組むことができる「天才の時間」が設けられています。

生徒が好きな本や記事を読むことができる「天才の時間」を自分で作ってみましょう。毎日、少なくとも15分は読書の時間を確保しましょう。

子供たちのレベルに合わせて、一人で読んだり、ペアで読んだりする。

静かにすることを約束したり、柔らかい楽器の音楽をかけたりして、読書に適した環境を整える。

可能であれば、子どもたちが快適に過ごせるように、別の座席を用意する。ビーンバッグチェアなど、心地の良い座席を用意しましょう。

自分は読書が得意ではないという幻想から解いてあげる

特に読書が苦手な生徒は、頻繁に、「読書家」と「読書家でない人」の2種類がいると思い込んでいます。また、今、読書に苦労しているために、これからも苦労するだろうと思い込んでいることもあります。

彼ら彼女らには、誰もが読む練習をする必要があることを理解させることが重要です。

子供たちには、自分の思い込みを解いてあげて、少しずつ、読書が好きになっていくものだ教えてあげましょう。

おわりに

さて、みなさんいかがでしたか?参考になるものはありましたか?

一つでもよいヒントがあり、子供たちの読書習慣の定着に役立てられれば、幸せです。

【 マイオン ニュース】マリオパーク、大阪オープン!

マイオン ニュースとは

マイオン ニュースでは、子供から大人まで楽しめる内容の記事が毎日配信されています!

全記事にネイティブ発音がついてきますので、リスニングやスピーキングにも使えます!

また、動画もついていますので、楽しく学習が続けられます!今回はページ最下部に動画をつけましたので、是非ご覧ください!

今週の マイオン ニュース から1つの記事をご紹介

今週のマイオンニュースでは、世界中の子供たちに、日本に関するニュースが紹介されました。

記事を読んで、一緒に 英語 の勉強をしましょう!

それは、3月18日の大阪における「スーパー・ニンテンドウ・ワールド」のオープンについての記事です。

“It’s-a me, Mario!” is the catchphrase of the video game plumber. But now fans can it’s-a be Mario. People can step right into the game world.

ゲームの中のマリオのキャッチフレーズは”It’s-a me, Mario!” です。しかし、ニンテンドウ・ワールドのオープンによって、マリオファンは マリオ自身になれるのです。

自分自身がマリオになって、ゲームの中の場面を再現するなんて、楽しそうですね!

ここでは、マリオのことをvideo game plumber (ビデオゲームの中の配管工)と称していますね!

みなさん、plumberという単語知っていましたか?

“It’s-a me, Mario!”が文法間違いだと思われた方、こちらの動画を見ていただけると、フレーズの生まれた背景がわかります。

マリオの大ファンRobert Sephazonさん

マリオの大ファンで、ゲームデベロッパーになるために日本に住み始めたというRobert Sephazonさんはテーマパークのことをこう語ります。

“The best thing is how much it feels like actually being in a video game. I felt like I was visiting the Mushroom Kingdom from Super Mario Bros.From the mini-games to meeting Mario and Luigi, everything is fresh and inviting”

最高なのは、実際にビデオゲームの中にいるような感覚になることだ。スーパーマリオブラザーズのキノコ王国を訪れた気分だよ。ミニゲームからマリオとルイージに会うまで、すべてが新鮮で魅力的だ。

任天堂と共に育ったというRobert Sephazonさん

スーパーマリオブラザーズは確かに、世界中の人を楽しませてるんですね!日本人として嬉しい!

テーマパークのアトラクションは?

記事では、テーマパークについて、さらにこう説明されています。

There is plenty of fun too. Visitors can strap on a wristband and collect coins like Mario. They may have to jump for the question blocks! A phone app keeps track of how many coins the players have. …The main attraction is based on the racing game Mario Kart. The ride is called Mario Kart: Koopa’s Challenge. Riders navigate cars through a course in Bowser’s Castle. They wear augmented-reality headsets to make the race feel real! 

楽しい仕掛けがたくさんあります。リストバンドを装着して、マリオのようにコインを集めることができます。ハテナブロックにはジャンプしなければならないかもしれません。スマホアプリでは、プレイヤーが持っているコインの数を記録しています。 メインのアトラクションは、レースゲーム「マリオカート」をベースにしたもの。アトラクションの名前は「マリオカート クッパの挑戦」。クッパの城の中にあるコースで、車を走らせます。ライダーは拡張現実(AR)ヘッドセットを装着し、レースの臨場感を味わうことができます。

マリオカートはクッパ城の中を通ります。

まさにマリオになりきれるわけですね!

記事の最後の一文

記事はこう締めくくられています。

Fans are likely to keep flocking to the park. And they may have a lot of fun — as long as they look out for Goombas and fireballs!

今後、ファンが続々とこのテーマパークに集まることでしょう。彼らはきっと大変楽しむことでしょう。。クッパや火の玉にさえ、やられなければね!

どうでしたか? 

みなさん、スーパー・ニンテンドー・ワールド、行きたくなりましたよね?

でも、クッパと火の玉にだけは気をつけてくださいね!

動画も要チェック!

こちらの動画もチェックしてみてください!

マイオンニュースには動画つき!

日本語がどう英訳されているのかを確認できて、面白いですね。どうですか、しっかり訳されていると思いましたか?

今回は割愛しますが、マイオンニュースには、いつもどおり、記事に関するクイズも載っていました!

(まとめ)マイオン 読み放題 に加入しよう!

マイオンニュース、こうした面白い記事が毎日5本ずつ掲載されています。

是非みなさん、英語 の勉強(とエンターテイメントに)マイオンニュースをお読みください!

今なら6000冊の音声付きデジタル英語図書「 マイオン (含 マイオンニュース)読み放題 」を無料でお試しいただけますので、是非チェックしてみてくださいね!

マイオンニュースって何?

マイオンニュースとは

マイオン読み放題には、マイオンニュースというサービスが付いています。

こちら、ただの付属品ではございません。

マイオンニュース、実はとっても優れものなんです。

マイオンニュースでは、1年中、平日は毎日記事を配信しています。

ちょっとした新聞の購買のようなものだと考えていただければいいかなと思います。

 

世界で注目される記事

記事は毎日5つ厳選されたもの。

記事の内容は、簡単な文章で世界の動向を理解できるように書かれたものであり、世界で注目されたもので構成されています。

 

シリアのバナちゃんのお話

例えば、2011年3月にシリア内戦が始まりましたが、2021年3月14日のニュースはシリアに住むバナちゃんという女の子が10年間を振り返るというもの。

簡単な文調ではありますが、その中身はというと厳しい現実を描いたもの。

Before war, I was going with my father to swimming. That was my favorite hobby. And I would go outside with my uncles, and we would buy candy.  …  But when the war started, everything changed. We couldn’t go outside, and we had to stay together. … You hear every day the bombs and the airplanes above you. It’s very scary.

戦争の前は、お父さんとよく水泳に行ったの。水泳にいくことが一番好きだった。あと、おじさんと散歩して、お菓子買ってもらって。。でもね、戦争が始まってから全部変わった。外に行けなくなったし、みんなと一緒にいれなくなった。毎日、爆弾と飛行機の音がする。本当に怖い。

内戦が始まってからというもの、大好きな水泳ができなくなってしまったバナちゃん。爆撃の恐怖を今でも思い出すといいます。

シリアへの希望、これからの希望を聞かれ、バナちゃんはこう答えます。

Please help us. Be strong. We must be together. And we must help those are in need. They need us. They need our help… I hope every child will have a chance to get an education and live in peace. 

私たちを助けてほしい。みんなで寄り添わなきゃ。弱ってる人がいたら、助けあわなきゃ。私たちの助けが必要な人がいるの。。それから、、全ての子供たちに教育を受けて、平和に暮らす機会が与えられるべきだと思うの。

私たちに何ができるでしょうか。深く考えさせられるものです。

 

ネイティブ発音つき

記事の文章をそのまま読み上げるネイティブ発音がついています。

 

 

もちろん、機械学習の読み上げ機能ではなく、アナウンサーの特訓を受けた人によるもの。

こちら、リスニングを鍛えるには最適なもの。記事を読んだ後で中身の概要はわかっているから、すんなりと耳から英語が理解できます。

さらに、ディクテーション(聞きながら1秒くらい遅れて音読すること)をすると、スピーキングの練習にもなります。

興味のある内容を見つけたら、見なくても言えるくらい繰り返すと最も効果的です。

 

理解度クイズを出題

記事を読んだ後には、記事の内容に関するクイズが出題されます。こちらで記事の理解度をチェックできます。

動画もついてくる

ほとんどの記事には、動画がついてきます。今回はインタビューの様子を見ることができます。

 

記事に関連するマイオンの本を紹介

最後に、マイオンに掲載されている関連の本を紹介してくれます。

例えば今回は、シリアの国の概要を掴むための本や中東アフガニスタンに住む男の子の物語などが紹介されていました。

まとめ

こうした世界の実情を、マイオンニュースは配信しております。

世界の今を、マイオンニュースで一緒に英語で学んでみませんか?

【幼稚園から小学校低学年】マイオンおすすめ本紹介

興味のある本を見つける大切さ

皆さん、お子さんに読書してほしいと思ったこと、ありますよね?

どうしたら子供は本を読むようになるでしょう。

ひとつ、とっても効果的な方法は、興味のある本を自分たちで見つけ出させることです。

子供たちは興味のある本を見つけると、突然、ページ、章、本、さらにはシリーズ全体を夢中で読むようになります。

しかし、「その興味のある本」は、当然のことながら、すべての子どもにとって同じものではありません。

難しいのは、子供の興味、読解力や年齢に応じて、最適な本を見つけることです。

特に、読書したくないと思っている生徒に本を読ませようとするのは、大変です。

読書したくないと思ってしまうのは、いくつも要因がありますが、学校で音読が苦手で恥ずかしい思いをしていたり、難しすぎる文章に挫折していたり、読書を「かっこ悪い」ものと思っていたりします。

同年代の子が読んでる本を知ろう

このようなこどもたちには、特に、同じ年代の他の子たちが好きな本を紹介するのが有効です。

このような人気のある本については、多くの子供たちがこの本を読んでいるので、同じ本を読んだ友達を見つけて、ストーリーやキャラクターなどについて話し合うことができます。

友達の熱意が伝わって、それまで読書に消極的だった子供が一気に読書を好きになることもよくあります。

では、どのような本が子供たちに人気なのでしょうか?まずは幼稚園から小学2年生に人気な本を紹介します。

今回ご紹介する本は全てマイオンに掲載されています。

幼稚園から小学校低学年までにおすすめの本

読み方を学び始めたばかりの低学年では、「動物」というトピックが人気のようです。

Animals Everywhere by Ann Corcorane

Baby Cats by Bethany Olson

Puppies by Colleen Sexton

Joey's First Day

Joey’s First Day By Christianne C. Jones

ATOS Book Level:0.6 / Lexile Book Level:130L

同じ著者の Try Back to School もおすすめです。

First Day, No Way!

 First Day, No Way! By Lori Mortensen

ATOS Book Level:1.9 / Lexile Book Level:170L

同じ著者の Try Manners Matter on the Playground もおすすめです。

Lucky School Bus

Lucky School Bus By Melinda Melton Crow

ATOS Book Level: 1.2 / Lexile Book Level: 290L

同じ著者のTry Little Lizard’s First Day もおすすめです。

Max Goes on the Bus

 Max Goes on the Bus By Adria F. Klein

ATOS Book Level: 1.0 / Lexile Book Level: 270L

同じ著者のTry Max Goes to School もおすすめです。

Buzz Beaker and the Race to School

Buzz Beaker and the Race to School By Cari Meister

ATOS Book Level: 2.2 / Lexile Book Level: 290L

Manners at School

Manners at School By Carrie Finn

ATOS Book Level: 2.5 / Lexile Book Level: 520L

Schools Long Ago and Today

Schools Long Ago and Today By Sally Lee

ATOS Book Level: 3.9 / Lexile Book Level: 690L

Schools in Many Cultures

Schools in Many Cultures By Heather Adamson

ATOS Book Level: 1.7 / Lexile Book Level: 380L

Community Helpers at School

Community Helpers at School By Mari Schuh

ATOS Book Level: 1.0 / Lexile Book Level: 130L

Welcome to Third Grade, Gus

Welcome to Third Grade, Gus By Jacklyn Williams

ATOS Book Level: 2.8 / Lexile Book Level: 490L

皆さん、ぜひお子さんにおすすめしてみてくださいね。